カレンダー

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

カテゴリー

月別アーカイブ

現在時刻

夜の食事と車内販売

0
    今回も前回の続きで3年前の事です。
     
    17時から7号車の食堂車「グランシャリオ」では1回目のディナータイム。これは予め予約した人のみで、かつ8500円のフランス料理か、6000円の懐石御膳の2種のみ。ツアー参加でも予約時に選択は出来ましたが、私は申し込みませんでした。
     
    しかし、下り列車でしか購入できないグランシャリオ弁当を予約していたので、それを受け取りに食堂車へ。鎌倉の大船軒の弁当だから下りのみなんでしょうね。写真は撮りませんでしたが、ディナーの様子を見ることが出来ました。弁当は予約しなくても、車内販売でも購入できます。この日はすぐに完売という様子ではなかったようです。
     
    さて、そのグランシャリオ弁当ですが、ネットで検索すると以前は「普通の幕の内」とか「しらす弁当」などが見つかりますが、7月2日から最終日の8月21日まではラストランを記念した豪華版ということです。一つの折りの中に食堂車のフランス料理を盛り込んだもので税込2000円。
     
    グランシャリオ弁当開封前
    開封前
     
    グランシャリオ弁当お品書き
    お品書き
     
    グランシャリオ弁当中身
    お弁当の中身

    お品書きには、フォアグラとかトリュフなど書かれていますが、ボリュームはないです。ご飯がもう一段別にあるわけではありません。でも、もう一食(?)するにはちょうどいい量です。
     
    掛け紙の裏側は乗車記念証になっており(従来からあったようですが)、アテンダントに頼んで記入してもらうことができます。
     
    弁当掛け紙裏側
    掛け紙の裏側
     
    メッセージ付きなんですね。名前、ネットへのアップを意識するとハンドルネームでお願いすることになりますが、何か恥ずかしい。
     
    アテンダントというのは、車内販売の人です。車内販売、夜中は当然廻って来ませんが、乗車している時間が長いこともあり、思ってたより廻って来ます。アイスを買ったり、グッズも2回買っちゃいました。今後手に入らないかと思うとつい欲しくなってしまいます。
     
    北斗星ヘッドマーク
    ヘッドマーク
     
    北斗星ペン箱
    北斗星ペン外箱
     
    北斗星ペン
    北斗星ペン
     
    北斗星ファイル1
     
    北斗星ファイル2
     
    北斗星ファイル3
     
    北斗星ファイル4
    キラキラファイル二種の表裏
     
    クリアファイル(二種入り850円)やペン(2000円)は実用性もありますが、ヘッドマーク(2000円)・・・持っていてどうするというものでも。40年くらい前、お土産でペナントが流行った時期がありましたが、結局飾ることなく廃棄したような。

    ペンは三菱鉛筆のジェットストリームで4色ボールペンとシャーペンという5機能ペンですが、1000円もしないもののようです。
     
    まちむら農場アイス
    まちむら農場アイスクリーム(360円)
     
    北斗星草加せんべい
    乗車記念の北斗星せんべい(520円)
     
    せんべいのシール
    煎餅に付属のシール
     
    北斗星サブレ外箱
    北斗星サブレ(770円)
     
    北斗星サブレ本体
    北斗星サブレ

    2回目のディナータイムが終了した後、仙台到着の少し前、20時50分頃から23時までは予約なしで食堂車で飲み食い出来るパブタイムとなります。放送後に向かったので既に列が出来ており、満席になると名前と人数を告げロビーカーで待つようなのですが、お一人様なので相席という形で待つことなく着席出来ました。
     
    ピザやおつまみ系の軽食もありますが、しっかりとした食事メニューもあります。煮込みハンバーグセットを注文、2060円。ネットではサラダ付のものが紹介されていますが、今回は無かったです。
     
    スープ
    食前のスープ
     
    ハンバーグ
    ライスとハンバーグ
     
    コーヒー
    食後のコーヒー

    夕食としてのお弁当を食べているだけにライスを完食するのは、ちょっときつい。完食しましたけどね。ハンバーグの単品というのもありなので、それでも良かったかも。

    ちなみに食堂車のグランシャリオ、フランス語で日本で言うところの「北斗七星」という意味のようです。
     
    今回はここまで。

    いよいよ乗車

    0
      前回の続きで3年前の事です。
       
      ツアーでの集合は上野駅13番ホームの五ツ星広場(寝台特急がなくなった今は存在しません)に15時30分。16時20分発にしては、早いとも思いましたが、列車の入線が15時35分ということで納得です。
       
      五つ星広場掲示板
       
      五ツ星広場
      上野駅13番ホーム五ツ星広場(現存せず)
       
      添乗員さんに受付を済ませてからは、札幌に到着するまで自由行動。写真を撮ったりするには自由は重要です。入線後、寝具等の積み下ろし作業があるようで、しばらくは乗車できません。でも5分程度と短めの作業です。
       
      私は3号車のB個室ソロだったのですが、荷物を持ったまま既に長い列が出来ている6号車ロビーカーの乗車口に並びました。列車の写真は後回しです。これはシャワーカードを購入するためです。シャワーを浴びたいというよりも、洗面セットの購入と30分のコンセント利用が目的です。
       
      北斗星ロビーカー
      6号車ロビーカー
       
      シャワーは6号車にA・Bの2箇所あり、一人30分単位で下りは16時から23時と翌日の6時から10時半まで。時刻通りの運転なら函館に6時35分の到着。14分間の停車中に機関車の切り離しと接続があり、この時間帯は下車して撮影タイムとなるので、シャワーを浴びている場合ではありません。私の番のときにはまだ当日分も残っていましたが、予定通り翌朝の6時からをゲット。でも残りは少なかったので、部屋に荷物を置いてからでは厳しかったかも。
       
      シャワーカード
      シャワーカード
       
      シャワーカードもコスト削減なのかカシオペアのものが流用されています。

      北斗星洗面セット
      洗面セット

      シャワーカード購入後、16時は過ぎていましたが、列車の写真撮影に向かいました。
       
      先頭の機関車はカシオペア色(カシ釜と呼ばれてますね)のものだったのがちょっと残念。後方も写したり、飲み物を購入したりしていると、出発時間ギリギリになりますので、この入線時間は適切なようです。
       
      カシ釜
      カシ釜の機関車
       
      カシ釜と客車連結部
      カシ釜と客車の連結部
       
      B個室ソロの客室は2階建て構造。首都圏の通勤電車のグリーン車などとは異なり、通路は共通で自分と向かいの部屋の人との共通の階段を4段登ります。
       
      B個室階段
      階段は四段あります

      Bソロ上側は読書灯や足元灯の位置からすると、寝るのは窓側に足が来る方が正しいのでしょうか? 頭を窓側で星空を眺めるのも良さそうですけどね。荷物置き場は小さめでキャリーバッグは入りませんね。
       
      個室入口
      部屋の入口より

      個室窓側
      窓側
       
      個室通路側
      通路側

      荷物置き場
      荷物置き場

      開放式B寝台には禁煙車もあるようですが、個室はすべて喫煙可ということで、やはりちょっと臭い。Bソロにはコンセントもなく、枕や毛布は10年以上使用されているようです。
       
      枕

       
      毛布
      毛布

      発車後、ほどなくしてツアーの添乗員から部屋のキーカードを頂きました。これ、使い方が慣れないと意外と難しい。挿入口は向かいの部屋の人と共通。カードの挿入は強くというより早くというのが適切なようです。強くだと折れてしまう。カードは記念に持ち帰れます。
       
      個室カードキー
      カードキー
       
      今回はここまで。

      あれは三年前

      0
        タイトルは喝采の話題ではありません。←昭和歌謡がわかる人にしか分かりませんね。

        今から3年前の事です。必ず書くと言いながらズルズルと先送りとなっていた寝台特急「北斗星」に乗車した件をやっと書こうかと。街道歩きのホームページの方は15年以上前の事もまだアップできていないので、3年なら早い方です。いや、五十歩百歩という感じですかね。今更書いて、誰の役に立つのか? 自己満足の領域です。

        ちょうど3年前の2015年7月22日(水)に寝台特急「北斗星」に初めて乗車しました。最初で最後です。2015年の3月に定期運行が終了し、4月から週3往復の臨時運行を開始。その臨時運行も2015年の8月22日の札幌発上野行が最後ということで、この7月22日は最終列車の前売り開始日で、当然ながら瞬殺で売り切れでニュースにもなり、チケットが取りにくい列車に乗るという優越感が増した感じがしました。

        以前も報告したように、自分で手配したものではなく、JRのツアーでの参加でした。しかし、ツアーでの参加のため、記念となるはずの乗車券が無いのがすごく残念・・・。まぁ、乗車できただけでもありがたいかな。それに1週間前だったら台風の影響で運休でしたからね。この日は何と9日ぶりの下り列車の運行だったようです。運もいいですね。
         
        北斗星電光掲示板1
         
        北斗星電光掲示板2
         
        北斗星3号車乗車位置

        これらの表示、もう見ることは出来ませんね。北斗星の定期運行時は上野19時3分発でしたが、臨時運行はカシオペア(定期運行時)と同じ16時20分発になりました。一般的な仕事帰りには利用できない時間帯です。

        まだ、乗車のじの字も触れてませんが、日付が変わりそうなので、今日はここまで。

        右の大腰筋が小さい

        0
          このブログ、今月は3日書いて、3日休んで、続けるには、その後が肝心ですね。肝心は肝腎とも書きます。肝臓と腎臓は身体にとって重要な部位なのですね。

          健康診断で腎臓に関する数値が思わしくなく、要二次検査となってしまったのです。二週間前に採血と尿を取っていたので、その結果を聞きに行くだけのはずだったのですが・・・。

          数値がちょっとは改善しているもののまだ基準値からは外れているということで、急遽、再び採血と尿を取られ、さらに何とCTまで受けることに。まぁ、これは結石があるか否かを確認するだけの目的のようですが・・・。

          2007年10月に腎臓(尿路)結石となったときにも、同じ病院でCTを受けているのですが、その時は朝食抜きで、検査着に着替えて造影剤も点滴されてと、結構大掛かりなイメージを持っていたのですが、今回は、食後3時間で、着替えもせず(ズボンをちょっと下す程度)、造影剤もなしと、簡単に検査終了。11年の進歩なのでしょうか?

          数値的には二週間前とそれほど変わらず。具体的にはクレアチニンの値なのですが、11年前のお腹が痛くて苦しんでいた時の数値に比べたら全然低い値です。11年前の9月と10年前の10月の健康診断では正常範囲内でしたので、今回も腎臓そのものというより石のせいにしたいと勝手に思っています。

          CTの結果としては、やはり腎臓内に石が出来ていました。左右ともにあるようです。更に内臓脂肪によって腎臓が少し小さくなっているようにも見えるとのこと。減量をしなさいということですね。11年前にも違う先生ですが、「痩せれば全て治ります」と言われましたからね。

          さて、CTで結石も気になりましたが、腸腰筋の大きさが左右で違うということが、個人的には興味深かったです。位置的には大腰筋ということでしょうが、右の方が小さいようです。萎縮しているということですね。それで変形性股関節症になったのか、変形性股関節症だから萎縮したのか。どうなんでしょう?

          腸腰筋が衰えると下腹に脂肪が付きやすくなるらしいので、筋トレもやった方が良いかも知れません。

          経過観察として11週間後に再検査なので、食事管理と筋トレ、三日坊主でなく続ける必要性が出来てしまいました。

          骨格筋率が低い

          0
            神明社での大祓に行くとき、保土ケ谷駅近くの不二家の店頭のペコちゃんの衣装が替わっているのが気になったのです。
            不二家ペコちゃんぶどう

            なんかセクシーな衣装ですね。ネットで調べるとイラストの一般応募の優秀作品で実際に店頭のペコちゃんが着ることになったようです。写真は往きではなく帰りに撮ったのですが、まさか不二家に寄ることになるとは思ってませんでした。

            大祓式の終了後、鳥居の出口付近で何やら配っている人が。その手のものはティッシュとか付いてないと受け取らないことが多いのですが、とりあえず受け取ってみると、「問題:ご自分の体年齢は〇〇歳??」という文字が。予想と計測結果が一致すると景品がゲットでき、お試しシェイク1杯無料のチケット付き。場所は不二家。こういうのは嫌いではないし、どうせ通るので立ち寄ることにしました。

            まずは麦茶のようなものを出されたので、飲みました。飲まないと正しく測れないようなことを言ってましたが、体重ちょっと増えるのが気になりますね。自分での予想、こういうのはちょっと若くありたいという希望的観測が働きますので、とりあえず5歳若く48としました。

            計測は体重計に乗って両手でバーを持つタイプで行いました。体脂肪率や基礎代謝は自宅の体重計でも測定出来るのですが、骨格筋率というのが見慣れない項目としてあり、30.1%。男性は32.8%以下だと低いという判定になるようです。

            骨格筋率とは、体重のうち、骨格筋の重さが占める割合。股関節を痛めてから歩く以外の運動はしてないから低くなったのか、低いから股関節が痛んだのか。いずれにしても多少の筋トレはした方が良さそうですね。

            で、体年齢の結果は52歳。まぁ、実年齢より若いには若いですが、あまり嬉しくないですね。

            自宅の体重計でも体内年齢が表示されるのですが、普段そこまでチェックしてないので、今日見てみると47歳ではないですか。設定とか買ってから変更していないので、実年齢が正しくないのかと思ったら、合っている。設定は生年月日、今日が何年の何月何日か知ってるんだ。なんかスゴイ。

            | 1/42PAGES | >>