開港祭の花火を自宅から

0
    横浜の花火、自宅から音は聞こえなくても見ることは出来ます。過去にも当ブログで何回か紹介していますが、これまでは神奈川新聞主催の7月or8月に開催されたものでした。開港記念日の花火も毎年のことですが、写真のデータがあるのは前回が2009年だったので、9年ぶりに観たことになります。
     

    開港祭花火1

    土星の環のようですね
     
    開港祭花火2
     
    開港祭花火3
     
    開港祭花火4
     
    開港祭花火5
    最後の乱れ打ちは、明る過ぎて写真は難しい

    飛行機用昇降機

    0
      今日は横浜の開港記念日でした。開港したのは159年前の1859年。旧暦での6月2日だったようです。横浜市では毎年イベントが開催されていますが、今年は海上自衛隊の護衛艦「いずも」の艦船内を無料で一般公開するというものが、大桟橋で行われたので行って来ました。
       
      大桟橋より
       
      昨日・今日の2日間だけで、今日は土曜日ということもあって乗船待ちの列は長かったですが、15分程度で乗船出来ました。最後尾の立札に乗船まで約90分と書いてあった気がしたのですが、下船まで90分程度でした。
       
      乗船前に荷物チェックもあります。ペットボトルなどを持っている人は、係員の前で一口飲まないといけないようです。
       
      列に従って乗船して皆が進行する方向を向いていると、前方の上から何やら降りてくる。なんと人が大勢乗っているではないですか。写真だとちょっとわかりづらいかな。
       
      巨大リフター格納庫より


      巨大エレベーターのようなものですが、400人以上乗れるようです。通常はヘリコプター用のようですが、戦闘機用に使えますね。この昇降機の動き、動画で紹介できないのが残念です。

       
      上昇時
      甲板のある部分に大勢の人が

      巨大な穴?
      巨大な穴に消えてしまいました

      下降時
      ​格納庫では上がりたい人が大勢待っています

       
      いずも甲板
      ​甲板というより滑走路

      いずも格納庫
      ​格納庫も広々

      格納庫や甲板の大きさからして、護衛艦というより空母という感じです。こんな大きな昇降機を利用する機会なんてそうないので、貴重な体験が出来ました。

      大桟橋から数百メートルのところにある横浜都市発展記念館で開催されている企画展「伸びる鉄道 広がる道路 横浜をめぐる交通網」にも立ち寄りました。本当はこちらがメインの目的だったのです。今日だけ大人も入館無料なのです。横浜の鉄道や道路がどのように発展してきたか、古い写真や資料があり、とても興味深い物でした。
       
      夜の花火大会は自宅からの観覧。これは後日に。

      地味に続けてます

      0
        今日から6月ですね。結局5月もブログの更新は序盤だけで終わってしまいました。一向に書けるようになれませんね。月1〜2回が続いていますが、そろそろ月10程度に復活したいものです。気持ちだけで実行が伴っていない状態が長らく続いています。
         
        当ブログ、今回が200件目の投稿のようで、思ったより書いているかも。まぁ、最初の9ヶ月で100件超えていたペースからすると全然ダメですけどね。

        以前、月一程度の更新になぞらえてポケモンGOのレベルアップをするとブログを更新というようなことを書きましたが、レベル30になったのが1月中旬。この時は書けなかったですね。そして先週、レベル31になりました。次のレベルアップは9月末くらいでしょうか? ホームページの方は4ヶ月に1度すら更新できていませんが・・・。
         
        ポケモンGO、私自身は通勤のバス移動中がメインで地味に続けていますが、最近、再ブームが訪れているようですね。それらしき人が増えてきました。

        さて、5月の歩数ですが、スマホ計測が19万4千歩、立ち仕事での概算が11万7千歩で、計31万1千歩という結果でした。患足の状態としては、特に悪くもなく、良くもなく。ある意味、不治の疾患なので、悪化しなければ御の字かと。

        患足側が優位な動作

        0
          明らかに右脚が悪いと感じるようになって6年経過しました。柔軟性などは左脚に比べて患足側の右脚が明らかに劣っています。右の悪さを左で補うためか、筋肉のハリに関しては左の方が硬いこともあるのですが、総じて左脚が優位です。右を良くしたい気持ちはもちろんあるのですが、むしろ左が劣化しないように気を付けたいところです。

          ですが、左の方が動きが悪い動作があるのです。気付いたのは数か月前です。7、8年前までは、大きな発泡スチロールを小さくするために「踵落とし」などをやったものですが、股関節を痛めてからはとてもそんなことは出来ない。ジィ〜ンと響きますからね。以前から左脚ではやったことはなく、もっぱら右脚です。それで悪化したわけではないと思うのですが・・・。今でも痛くなると困るのでやりませんが、似たような動きをしても大丈夫なくらいになってきたようなのです。

          自宅のベット、高さが床から55cmということで、膝よりちょっと高い程度のところに、片脚を振り上げて踵を乗せる。そう、踵落としのような感じで。数年前は出来なかったというか、やろうともしなかった行為ですが、今は患足の右脚でも股関節に響かないんですよね。で、右脚を上げたときは、膝が真直ぐに伸びた状態になるのですが、左脚でやると膝が曲がるというか、真直ぐにしようとすると太ももの裏側が伸びて痛いのです。

          床に接地している脚が骨盤の向きなどに対して悪さしているのかも知れませんが、右脚の方が優位な動作もあることを不思議に思ったのでした。

          時速7キロで歩けることも

          0
            昨年の7月に当ブログで「時速6キロくらいでも歩けます。時速7キロは、まだちょっと厳しいかな。」と書いています。今は時速7キロで歩けることもあるという状態です。

            20年前みたいに時速7キロで2時間以上歩き続けるのは無理ですが、10分程度ならそのスピードで歩ける日もあるという感じです。常にという訳ではないのが微妙なところですが。

            最近、家から駅までの歩く所要時間が、以前と同程度も可能になってきました。と言っても右脚の可動域が改善したという気はしないし、全く違和感なしに歩けているという訳でもないのです。

            ちょっと変だけど、まぁそこそこのスピードで歩けているかと。電車やバスで座っていた後に立ち上がり歩き始めたときに、腰がまっすぐに伸ばせないというようなことは最近ないですね。腰痛になる頻度がかなり減ったというのはあるかも知れません。

            小走りしても股関節に響くようなこともないですね。膝廻りや左右のバランスには違和感を感じますが、急ぎ足は何とか出来る状態です。全力疾走には、まだまだ遠いです。

            | 1/41PAGES | >>